FC2ブログ

セブン・シスターズ 

けっして「めでたし、めでたし」では終わらないディストピアを描いた一作。ある意味、主人公が7人もいるからこそ、主人公が殺されてもストーリーが続けられる。
前半で指が痛くなる映画だと思ったら、後半でも痛い。なにかしら指にトラウマがあるのではと思ってしまうほどだ。だが、それとは逆に、手のひらに埋め込まれているモバイルのようなものは便利だ。『クレイジージャーニー』で知った「ボディハッキング」のめざす姿といえるかもしれない。
ひとり7役というのは、撮影ではさぞや大変だっただろう。たとえば7人揃いの10分のシーンの撮影は単純計算で1時間10分、別の人物を演じなければならない。過去にはエディ・マーフィが『ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合』で同じく7役を演じている。同様の苦労があったのだろう。次回はノオミ・ラパスとエディ・マーフィの共演で登場人物14人を2人だけで演じる作品でギネス記録に挑戦していただきたいものである。

■WHAT HAPPENED TO MONDAY? / SEVEN SISTERS 2016年 イギリス/アメリカ/フランス/ベルギー映画
監督:トミー・ウィルコラ
脚本:マックス・ボトキン、ケリー・ウィリアムソン
出演:ノオミ・ラパス、グレン・クローズ、ウィレム・デフォー、マーワン・ケンザリ、クリスチャン・ルーベック、ポール・スベーレ・ハーゲン、クララ・リード、トミワ・エデュン、キャメロン・ジャック、ケイシー・クレア


Seven_Sisters_2017

Seven_Sisters_2017_01Seven_Sisters_2017_02what_happened_to_monday_2017_01
what_happened_to_monday_2017_02what_happened_to_monday_2017_03what_happened_to_monday_2017_04
what_happened_to_monday_2017_05what_happened_to_monday_2017_06what_happened_to_monday_2017_07
what_happened_to_monday_2017_08what_happened_to_monday_2017_09what_happened_to_monday_2017_10
what_happened_to_monday_2017_11what_happened_to_monday_2017_12

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/9252-7d6fe017