FC2ブログ

ベオウルフ/呪われし勇者 

まず「ベオウルフ」から解読していかなければならない。本作を見る前は「ベオな狼の話」かと思っていたのだが、いくら見つづけても狼が出てこない。となると、ベオな狼の話ではないのではないかという疑問が頭をもたげてくる。だからこそ、最初に「ベオウルフ」の解読が必要なのである。だからといって、「ベオウを流布する話」であると簡単に解釈してしまうのは早計だ。なぜなら、そうなると今度は「ベオウ」とは何かという新たな問題提起がなされてしまうからである。「ベオウとはラオウの従兄弟である」あたりの解釈であれば、「呪われし勇者」という副題からしてそう的外れではない気もするが、「日清から発売される新たなカップラーメン」と考えてしったら完全に方向性は間違えているとしか思えない。
だからこそ、最初に「ベオウルフ」の解読が必要なのである。

■BEOWULF 2007年 アメリカ映画
監督:ロバート・ゼメキス
製作:ロバート・ゼメキス、スティーブ・スターキー、ジャック・ラプケ
脚本:ニール・ゲイマン、ロジャー・エイバリー
出演:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコビッチ、ロビン・ライト・ペン、ブレンダン・グリーソン、クリスピン・グローバー、アリソン・ローマン、セバスチャン・ロッシェ、アンジェリーナ・ジョリー、シャーロット・ソルト


BEOWULF_norowareshi_yusya_2007

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/9171-b7a827cb