FC2ブログ

ゲームオーバー! 

お下劣で品のない作品は、けっこう好物だったりする。世間的に忌避されるようなものでも、この方面ではわりと広い度量を見せることができる。その私をもってしても、「あまりにお下劣で品がないじゃないか」といわざるを得ない。そう吐露するのはなぜかといえば、そこにコメディー映画の肝である笑える要素が含まれていないからである。
3人組み、いわゆる3バカトリオという組み合わせは、昔からコメディーの格好の設定であったはずだ。それは3人であれば、それぞれのおバカの方向性が絶妙に調整してあれば、相乗効果の笑いが生み出せるからだ。だが、本作の3人はどうだ。そのバランスがまったくない。これではまさにゲームオーバーである。

■GAME OVER, MAN! 2018年 アメリカ映画
監督:カイル・ニューアチェック
製作:アダム・ディバイン、
アンダーズ・ホーム、ブレイク・アンダーソン
カイル・ニューアチェック、セス・ローゲン、エバン・ゴールドバーグ、ジェームズ・ウィーバー、スコット・ルーディン、イーライ・ブッシュ
原案:アンダーズ・ホーム、カイル・ニューアチェック、アダム・ディバイン、ブレイク・アンダーソン
脚本:アンダーズ・ホーム
出演:アダム・ディバイン、アンダーズ・ホーム、ブレイク・アンダーソン、ウトカルシュ・アンブドゥカル、アヤ・キャッシュ、ニール・マクドノー、ダニエル・スターン、ジェイミー・デメトリウ、ローナ・ミトラ、サム・リチャードソン、スティーブ・ハウイー、マック・ブラント、ジーノ・セガーズ、ロー・ハルトランフ


Game_Over_2018

Game_Over_Man_2018

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/9124-45e32cbb