FC2ブログ

マイティ・ソー/バトルロイヤル 

さっぱりとした短髪(スタン・リーに切られた)でいちだんと精悍になったソーが活躍する「マイティ・ソー」シリーズの第3作。次から次へと強いやつが現れるのはヒーローものの鉄則といえるが、そうすると、前作で戦った相手はけっきょく今回の相手と比べるとそれほど強いやつではなかったことになるというジレンマがある。本作のヘラなどはその好例。
マーベル映画はヒーローものといいながらも、わりとコメディー的な要素を入れ込んでいるが、とくにこの「マイティ・ソー」シリーズはその傾向がある。そして本作ではさらにその方向性に拍車がかかっており、細かいギャグが目白押しだ。もしかしたらもうこれは「コメディー色の強いヒーローもの」ではなく、「ヒーローもののかたちを借りたコメディー映画」なのではないか。
そのためか、ソーの彼女であったナタリー・ポートマンはもう完全に過去の人として扱われている。彼女の復活があるのか、ないのかは私にとってのこのシリーズの大きな焦点である。
豪華なキャストのなかでも「おっ」と思ったのは、劇中劇として演じられる「ロキの悲劇」の配役だ。ソーの役にクリス・ヘムズワースの実兄ルーク・ヘムズワース。やはり兄弟だ。どことなく似ている。そしてロキ役になんとマット・デイモンだ。このカメオ出演には驚いた。
なお、本作で殉職シーンが描かれたことで浅野忠信はお役御免となったようだ。もっともこの世界、何をもって死とされるかは定かではないので、いつか復活する可能性もあるかとは思うが。

■THOR: RAGNAROK 2017年 アメリカ映画
監督:タイカ・ワイティティ
製作総指揮:ルイス・デスポジート、ビクトリア・アロンソ、ブラッド・ビンダーバウム、トーマス・M. ハメル、スタン・リー
原案:クレイグ・カイル、クリストファー・ヨスト、エリック・ピアソン
脚本:エリック・ピアソン
出演:クリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、イドリス・エルバ、ジェフ・ゴールドブラム、テッサ・トンプソン、カール・アーバン、浅野忠信、タイカ・ワイティティ、ベネディクト・カンバーバッチ、マーク・ラファロ、アンソニー・ホプキンス、レイチェル・ハウス、レイ・スティーブンソン、ザカリー・リーバイ、ルーク・ヘムズワース、サム・ニール、シャーロット・ニクダオ、マット・デイモン、スタン・リー
声の出演:クランシー・ブラウン


Mighty_Thor_Battle_Royale

Mighty_Thor_Battle_Royale_2017thor_ragnarok_01thor_ragnarok_02
thor_ragnarok_03thor_ragnarok_04thor_ragnarok_05
thor_ragnarok_06thor_ragnarok_07thor_ragnarok_08
thor_ragnarok_09thor_ragnarok_10thor_ragnarok_11
thor_ragnarok_12thor_ragnarok_13thor_ragnarok_14
thor_ragnarok_15thor_ragnarok_16thor_ragnarok_17
thor_ragnarok_18thor_ragnarok_19thor_ragnarok_20
thor_ragnarok_21thor_ragnarok_22thor_ragnarok_23
thor_ragnarok_24thor_ragnarok_25thor_ragnarok_26

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/9111-ed80c3f1