FC2ブログ

gifted/ギフテッド 

なかなかの佳作。とくにこのように子どもが重要な役どころを占める作品は、その子役の善し悪しで決まる。天才少女というと、ちょっと現実味がなくなってしまうところだが、彼女のいたいけな演技は、その非現実性を軽く凌駕してくる。
しかし実際の世の中の天才と呼ばれる存在は、どのような生活を送っているのであろうか、ということも気になってくる。天才ゆえの苦しみや生きづらさというのもあるだろうし、天才ゆえの世の中の渡り方も当然あるだろう。その才能がどのように生かされ、そして生かされていないのか。もし、存在するすべての天才の脳が100パーセント生かされたとしたら、世界はどう変わるのか。そう考えると、あまりいい心持ちがしないのはなぜだ。

■GIFTED 2017年 アメリカ映画
監督:マーク・ウェブ
脚本:トム・フリン
出演:クリス・エバンス、マッケナ・グレイス、リンゼイ・ダンカン、ジェニー・スレイト、オクタビア・スペンサー、グレン・プラマー、ジョン・フィン、エリザベス・マーベル、ジョナ・シャオ、ジュリー・アン・エメリー、キーア・オドネル、ジョン・M. ジャクソン


gifted_2017_01

gifted_2017_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8854-1c4ed168