FC2ブログ

火花 

手元に書籍はあるものの読んでおらず、テレビドラマも見ていないので、又吉先生のこの話題作に触れるのは初めてである。これは以前から感じていることだが、役柄がお笑い芸人である場合、俳優によるお笑い芸人役はどこか違っていて、そのキャスティングにどうしてもしっくりこないことが多い。おそらくマンガがアニメ化や実写化されたときに「こうじゃない」と思う違和感と同等のものだと思うのだが、常日頃、バラエティー番組でお笑い芸人の所作を見て脳裏に焼きついているので、それだけに点が辛くなるのだろう。
板尾監督はこの俳優の演技を「これでよし」としたのだろうけど、ほんとうに「これでよし」だったのか。それとも「(これ以上を求めても無理だろうから)これでよし」としたのか。そもそも板尾の監督起用はどうなのか。原作も芸人で賞をとった話題作なのだから、その話題にさらに輪をかけるために多少実績のあるお笑い芸人を監督に起用したのではないかとさえ思えてしまう。
ただ木村文乃の変顔だけは、彼女の起用が正しかったことを示している。

■火花 2017年 日本映画
監督:板尾創路
原作:又吉直樹『火花』(文藝春秋)
脚本:板尾創路、豊田利晃
主題歌:菅田将暉、 桐谷健太『浅草キッド』
出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃、川谷修士、三浦誠己、加藤諒、高橋努、日野陽仁、山崎樹範、川村紗也、裴ジョンミョン、マリアユリコ、矢部太郎、吉谷彩子、春花、西村真二、井口昇、増本庄一郎、田井千里、手塚真生、福澤重文、佐藤誓、森崎ひろか、川下大洋、関根正明、海原ともこ、ムーディ勝山、村田雄浩、本坊元児、水口靖一郎、たかむら、末永雄二、竹内智也、てつ丸、西田どらやき、原田吉洋、大原優一、エマミ・シュン・サラミ、武井志門、海老原晃、三浦リョースケ、笹本はやて、おかだ、ファビアン、佐野友康、田中凌、吉村憲二、房野史典、高橋大志、小海正紀、林拓哉、酒寄希望、田辺智加、黒沼誠、宮川英二、田中六文銭、土屋翼、真壁ハードボイルド、怪物くん、白神菜生子、海老原歩美、アイハラミホ。、あつひろ、石橋俊春、赤枝卓、荒川俊、山田裕磨、すし佐々木、渡辺博基、近藤裕希、りゅーじ、水牛、くろやなぎこうじ、山内清宏、二出川功、深江優也、佐藤悠、シカトホクト、菅野うにみ、ゲラゲラ星人、東吾人夢、坂田光、信清淳、中島弁慶、草間陽介、三島達夫、南條庄祐、大友達人、高橋良仁、兼近大樹、吉永栄権、齋藤銀河、ゆめっち、福田麻貴、かなで、かみちぃ、西本武徳、海野裕二、和田僥倖、杉本佳津山、松下笑一、松下遼太郎、狩野大、はら、川瀬名人、寺内ゆうき、小林良行、奥村、たつろう、たいゆうき、佐伯元輝、松浦周作、石倉智喜、児玉絹世、金橋良樹、成島敏晴、真鍋倫子、田山由起、島根さだよし、久保田武人、古川慎、大塚智仁、大山遥也、松井伸明、黒岩司、小園優、森本のぶ、岐部公好、中村元樹、渡邉このみ、小野花梨、佐野泰臣、松田百香、渡荘太、菅野久夫、崔哲浩、いいぐちみほ、西慶子、中西晶、石見海人、西川雄大、澤村大輔、赤也平、竹村仁志、浅野優貴、星良学、大場春馬、川上広高、ゆきぽよ、玖導成近、渡辺光、豊田瀬里奈、野々山郁也、大竹悠義、大場透真、黒田よし子、江戸田健司、宮本和武、雅妃、遠藤颯、坂上梨々愛、家永惠理、長田悠幸、町田一八、神門実里、田中士道、岡部浬功、根本羽衣、藤井千帆、真柳美苗、山下穗乃花、兒島京汰、コリン浅沼、今井志織、三浦敏宏、渡辺光


HIBANA_2017

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8781-b99a31bb