チキンラン 

いま現在は『ひつじのショーン』が主要キャラクターになってしまったが、当時は「ウォレスとグルミット」シリーズで有名であったバードマン・スタジオのクレイ・アニメ。とくに『チーズ・ホリデー』、『ペンギンに気をつけろ!』、『ウォレスとグルミット、危機一髪!』の短編3部作は、子どもがセリフを覚えるほど何回もくり返し見た(ちなみに吹き替えは萩本欽一)。なかでも『ペンギンに気をつけろ!』は30分ばかりのなかで『ターミネーター』ばりに数回のどんでん返しが仕込まれている秀逸作。
前置きが長くなったが、その流れでつくられた劇場版のクレイ・アニメである本作は、興行的にうまくいかなかったらしい。あれほど「ウォレスとグルミット」に入れ込んでいた子どもたちの食いつきも悪く(さらには「怖い」とまで!)、その因は、親しみのあるキャラが出てこなかったこと、子どもには長すぎることなどが挙げられるだろう。

■CHICKEN RUN 2000年 アメリカ映画
監督:ピーター・ロード、ニック・パーク
製作:ピーター・ロード、ニック・パーク、デビッド・スプロクストン
製作総指揮:ジェイク・エバーツ、ジェフリー・カッツェンバーグ、マイケル・ローズ、スティーブン・スピルバーグ
原案:ピーター・ロード、ニック・パーク
脚本:キャリー・カークパトリック
声の出演:メル・ギブソン、ジュリア・サワラ、ジェーン・ホロックス、イメルダ・スタウントン、ベンジャミン・ホイットロー、リン・ファーガソン、ミランダ・リチャードソン、トニー・ヘイガース、ティモシー・スポール、フィル・ダニエルズ
声の出演(日本語吹替版):優香、岸谷五朗、小倉久寛、吉田照美、加藤貴子


Chicken_Run_2000

Chicken_Run

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8676-014783b1