ミラクル・マスクマン/恋の大変身 

いろいろご都合主義の展開に、「なんでそうなるの」と、往年の萩本欽ちゃんばりに声をあげようが、チャウ・シンチーは容赦しない。その怒濤の猛進撃は、単に若さゆえのパワーなのか、未来を見据えた布石なのか。その志向の行方は、彼のこれまでの作品を見ればはっきりとするであろう。
この時代を先取りしたSF仕立ての展開は、コメディー=身体の妙な動きやヘンな顔の表情で笑わせるという、チャップリン時代から築きあげられてきた方程式に風穴を開けたと言っても過言ではない…とまで言ってしまうと明らかに過言である。

■SIXTY MILLION DOLLAR MAN / BAI BIAN XING JUN / 百變星君 1995年 香港映画
監督・脚本:バリー・ウォン
出演:チャウ・シンチー、ジジ・リョン、ン・マンタ、チョイ・カムコン、ダーレン・シャラビ


MIRACLE_MASK_MAN_1995

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8674-2e74ee11