2010年 

SF映画にモノリスとともに金字塔を打ち立てたといってもいい『2001年宇宙の旅』。その続編である。たいていの続きものは、少ない例外を除きほとんどが失敗をしている惨状を知っていれば、本作が「2001年」を超えることができなかったのは当然のことだとわかるだろう。つまりは2010年にはとうてい行き着かず、せいぜい1990年くらいが限度ではないか。それでも1984年の製作ということを考えれば、6年ほどは未来に飛んでいるのでSFとしては成り立っているといえるだろう。
よくわからないことを書き連ねているのはいつものことではあるが、この映画を見たのがはるか昔で、その内容をほとんど覚えていないことに起因する。本作よりも以前に見ている『2001年』はかなり鮮明に記憶に残っていることを考えれば、つまりはその程度の作品であったということであろう。

■2010 1984年 アメリカ映画
監督・製作・脚本:ピーター・ハイアムズ
原作:アーサー・C. クラーク
出演:ロイ・シャイダー、ジョン・リスゴー、ヘレン・ミレン、ボブ・バラバン、ケア・デュリア、ダナ・エルカー、マドリン・スミス、ジェームズ・マクイーチン、メアリー・ジョー・デシャネル、エリヤ・バスキン、サベリ・クラマロフ、オレグ・ラドニック、ナターシャ・シュネイデル、タリセン・ジャフィー、ウラジミール・スコマロフスキー、ビクトル・シュタインバッハ、ジャン・トリスカ、ラリー・キャロル、ハータ・ウェア、アーサー・C. クラーク
声の出演:ダグラス・レイン、オルガ・マルスネード


2010_The_Year_We_Make_Contact_1984

2010_The_Year_We_Make_Contact_1984_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8665-898ecaa3