デスノート Light up the NEW world 

デスノート」シリーズは、とにかくノートにまつわるルール設定が複雑で、その複雑さをどのように回避、もしくは利用して攻守を有利に進めていくか、という点がおもしろく、その部分で大ヒットとなったと覚しい。しかし、シリーズが進むに連れて、ノートのルール以外も煩瑣になっていき、本作にいたってはノートが6冊あったりして、もはや煩瑣というより錯綜しているように感じるのは、自分の理解力が足りないのか。
本作は実写映画の正当な続編を謳うが、藤原竜也のキラや松ケンのLがすでに絶大な評価を得ている以上、それを超えることはとうてい無理な話で、主演に人気俳優3人(東出昌大、池松壮亮、菅田将暉)を揃えたとしてもどうにもならなかった。とくに竜崎を演じた池松の陳腐ぶりは、このシリーズに致命傷を与えてしまったといったらいいすぎか。そんななか、戸田恵梨香版のミサミサ復活だけには拍手を贈りたい。

■デスノート Light up the NEW world  2016年 日本映画
監督:佐藤信介
原作:大場つぐみ、小畑健
脚本:真野勝成
特撮監督:神谷誠
主題歌:安室奈美恵『Dear Diary』
出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、藤井美菜、青山草太、竹井亮介、大迫一平、金田明夫、松山ケンイチ、藤原竜也、戸田恵梨香、船越英一郎、沢城みゆき、阪口大助、中村獅童、松坂桃李、水上剣星、白羽ゆり、大塚ヒロタ、花岡翔太、中泰雅、堀畑杏奈、村本明久、坂本彩、鴨志田媛夢、政修二郎、田代輝、山崎竜太郎、波多江孝文、梅中悠介、福島優子、豊田順子、佐藤義朗、町田浩徳、沢城みゆき、末吉司弥、西泰平、長谷川恒、今田真治、石川健一、古木裕史、仲野蓮、中島伸、岡部一秀、山田昌宏、山本夢、本山由乃、斉藤滋、岩尾隆明、久保亜沙香、櫻衣はる、板垣克、和田三四郎、渡辺大貴、日野綾子、坂井香里、谷本峰、岡本正仁、猪原伸浩、遊木康剛、山村真也、内ヶ崎ツトム、稲留正樹、徳竹美夏、露無晶彦、松永健太郎、新居直哉、古賀勇希、小堀正博、福島悟、久米瞳、大川由香、白国与和、吉岡幹夫、倉増哲州、古川藍、片桐由貴、下園千晴、三神奈菜、仲田克也


DEATH_NOTE_Light_up_the_NEW_world_2016

DEATH_NOTE_Light_up_the_NEW_world_2016_01DEATH_NOTE_Light_up_the_NEW_world_2016_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8605-36eceef9