メグ・ライアンの 男と女の取扱説明書 

そのほとんどが家の中で展開されるので、一幕ものの舞台作品の映画化と思わせる設定だが、実際のところがどうなのかは未確認。しかも旦那役のティモシー・ハットンのほうはほとんどが縛られたままなので、画面に動きがなく、かといって軽妙洒脱な会話が交わされるわけでもない。取扱説明書はそういう余分なところを割愛した読みものであるということからの邦題なのであろうか。
メグ・ライアンは最近整形で顔の造作が崩れているという噂で、最近の写真を見ると確かにだいぶキテるが、この作品が公開された2009年の時点ではまだ今ほどはひどくなっていない印象である。むしろ48歳にしてはきれい。ハリウッドマジックも失敗はあるのだ。

■SERIOUS MOONLIGHT 2009年 アメリカ映画
監督:シェリル・ハインズ
脚本:エイドリアン・シェリー
出演:メグ・ライアン、ティモシー・ハットン、ジャスティン・ロング、クリステン・ベル


Meg_Ryan_no_otoko_to_onna_no_toriatsukaisetumeisyo_2009

serious_moonlight_2009

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8534-5a59d75f