嫌な女 

見る前に予備知識なく思っていたのは、嫌な女役は吉田羊なのだろうなということであったが、実際に見てみたら嫌な女・小谷夏子を演じていたのは木村佳乃であり、彼女に振りまわされる幼なじみの石田徹子に吉田がキャスティングされているのであった。そこが監督・黒木瞳が考える配役の妙なのかもしれないが、私のイメージと世間との違いという可能性もある。
ただ、ここのところ売れっ子路線をひた走る吉田と、天然キャラ全開の木村という2人のコンビネーションは、うまくはまっているようで微妙に歯車がズレているようで、そのズレがかえって作品に動きを与えているのは監督の計算か、たまたまか。

■嫌な女 2016年 日本映画
監督:黒木瞳
原作:桂望実
脚本:西田征史
主題歌:竹内まりや『いのちの歌』
ウェディングデザイナー:神田うの
出演:吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、佐々木希、袴田吉彦、田中麗奈、テット・ワダ、宅間孝行、金子昇、近藤公園、織本順吉、寺田農、ラサール石井、永島瑛子、高田敏江、森レイ子、亜呂奈、水石亜飛夢、杉山裕右、黄地裕樹、西郷豊、田口翔大、川北のん、絲木建汰、兒玉宣勝、増田眞澄、佐藤瑠生亮、河内ひより、愛原実花、岡本麗、竹中直人、国広富之、大塚洋、石井浩、柳沢龍太郎、小田萌紅、松本妃代、菊地裕子、田邉和也、古口拓也、小林裕弦、義山望、雪中梨世、加藤桃子、加島潤、伊藤幸純、北島美香


IYANA_ONNA_2016

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8419-01996ebc