ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE 

テレビ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』のまさかの映画化である。テレビと何が違うかといえば、ルートが海外(台湾)というだけで、その内容はそれほど違わない。いや、むしろテレビ版よりも時間的に余裕があるように感じたのは私だけであろうか。
この『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は、「旅」と名についていても、いつのころからか、ゲスなレギュラー蛭子のため(宿泊はビジネスホテル、食事はトンカツや焼きそばなど)、旅情的な要素が削ぎ落とされて、ほかの旅番組とは一線を画す企画となった。時間内にゴールできるかできないかを競うレースのごとき移動は、常にせき立てられている修行僧のような険しい表情をリーダー太川にさせることになり、それとは対照的なノホホン顔の蛭子とのギャップも見どころとなる。
蛭子が宿泊交渉をするようになったのがいつからかはわからないが、ホテル宿泊にこだわるためにそのときだけ蛭子が必死な形相になるのがまた彼の利己主義的な一面を見させられるようで、イヤな感じがしたものである。
先日、第25弾が放送された本シリーズ、10年を経て熟成されたこのコンビネーションは終わりを告げた。確かに「そろそろ感」があったが、次のレギュラーを担う人選はかなり難しいのではないか。蛭子のような人はそうそういない(そして、いてほしくない)ので、同じテイストは求められないからである。2017年の春からは新メンバーでのシーズン2が放送される予定とのこと。その人選と、さらにはこの新シリーズの10年後の熟成を楽しみに待ちたい。

■ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE 2015年 日本映画
演出:鹿島健城
主題歌:由紀さおり『人生という旅』
ナレーター:キートン山田
出演:太川陽介、蛭子能収、三船美佳


LOCAL_ROSEN_BUS_NO_TABI_THE_MOVIE_2016

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8348-47016c0c