スティーブ・ジョブズ 

グラフィックやエディトリアルにかかわる職業柄、社会人になってからというものアップル製品とは切っても切れない関係を保ってきた。そのため、とくに仕事とは関係がないものでもアップルのものを買い求めてきた。それはかっこよく言えばスティーブ・ジョブズの思想に共感していたからということだろうし、またスティーブ・ジョブズの商売にうまく乗せられていたとも言えよう。
その彼の人生譚を描いているかと思ったが、3つの発表会の直前の緊張感とスピード感にあふれる光景を切り出して、そこに絡めた人間関係で映画を構築するという手法であった。その時間差(1984年、1988年、1998年)によって異なるジョブズの風貌をマイケル・ファスベンダーはよく描いていたように思う。少なくともアシュトン・カッチャーよりは。

■STEVE JOBS 2015年 アメリカ映画
監督:ダニー・ボイル
製作:マーク・ゴードン、ガイモン・キャサディ、スコット・ルーディン、ダニー・ボイル、クリスチャン・コルソン
原作:ウォルター・アイザックソン
脚本:アーロン・ソーキン
出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・スタールバーグ、キャサリン・ウォーターストン、パーラ・ヘイニー=ジャーディン、リプリー・ソーボ、セーラ・スヌーク、ジョン・オーティス


STEVE_JOBS_2015

STEVE_JOBS_2015_01STEVE_JOBS_2015_02STEVE_JOBS_2015_03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8339-bbe7cc01