竜馬の妻とその夫と愛人 

三谷幸喜の舞台作品を借りてきて映画化したもの。舞台を見ていないのでよくわからないが、おそらくその臨場的なおもしろさは半減しているのではないか。たとえ芸達者なとんねるず木梨を配したとしても、フィルムに固定される演技と、各回ごとに演じられる舞台とでは、おのずとその質は違ってくるはずだから、その使い分けが相当の技術でもってなされないと、いい結果にはならない。
ただ鈴木京香の長屋女の姿から醸し出される色気にはひたすら酔える。彼女だけに注目して鑑賞するという態度は推奨される。

■竜馬の妻とその夫と愛人 2002年 日本映画
監督:市川準
原作・脚本:三谷幸喜
出演:木梨憲武、中井貴一、鈴木京香、江口洋介、橋爪功、トータス松本、小林聡美、梅津栄、嶋田久作、鮎川浩、森康子、康すおん、安部聡子、岩田丸、荒川良々、北川智子、西川方啓、玄覚悠子、東山麻美、鈴木雄一郎、堀田大陸、川井勉史、野口雅弘、多田亮三、平田逸郎、小川幸子、綱雅代、高尾優一、ギリヤーク尼ヶ崎、雅、Sakito、荒賀裕一、古谷泰時、高尾登、安念貞雄、多田精孝、山田宝松、村田恭子、吉井盛悟、木村慶基、貝本敏弥、富所茉耶、富所雅人、木口隆平、浅川礼奈、大和田篤司、荒雄大、篠原健太、前田輝、堀田良太、茅場紗代、板倉来衣人、谷崎嘉子、三谷幸喜


RYOMA_NO_TSUMA_TO_SONO_OTTO_TO_AIJIN_2002

RYOMA_NO_TSUMA_TO_SONO_OTTO_TO_AIJIN_2002_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8329-e98769ce