黒崎くんの言いなりになんてならない 

ただ単に「黒崎くんの言いなりにならない」であれば、そこに断固とした意志が垣間見えるが、「言いなりに」と「ならない」の間に「なんて」が入ることで、日本人に特有の甘えが発生している。そこが黒崎くんのつけめだ。言いなりにしようと思っている黒崎くんのことだ。おそらく、そういうところは見逃さないだろう。
表情に出さないようにしていても、身体や言葉のはしばしにサインが現れるのが人間である。要はその読み取りに長けているかどうか。その能力の有無がその後の人生を大きく変えるのであろう。

■黒崎くんの言いなりになんてならない 2016年 日本映画
監督:月川翔
エグゼクティブプロデューサー:黒崎太郎、古野千秋、茶ノ前香
原作:マキノ
脚本: 松田裕子
主題歌:Sexy Zone『Make my day』
出演: 中島健人、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太、岡山天音、中村靖日、池谷のぶえ、川津明日香、鈴木裕乃、北村優衣、長谷川里桃、黒崎レイナ、山崎あみ、鈴木美羽、征木玲以弥、松川星、佐々木萌詠、飯田祐真、奥村秀人、池谷のぶえ、柿澤仁誠、進木永都、海老沢七海、山田茉亜紗、佐藤蛍、別府紗綾、上原佑介、伊藤貴史、鈴木健斗、竹ノ内美桜、望月真由、吉田千穂、山本涼香


kurosaki_kun_no_iinari_ninante_naranai_2016

kurosaki_kun_no_iinari_ninante_naranai_2016_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8233-7ba6b237