信長協奏曲(ノブナガコンツェルト) 

これまで数多くのタイムスリップものがあるが、その中でも戦国時代との行き来は、その時代の荒波のような怒濤のうねりが豪快なだけに、題材としても使いやすいのであろう、数多くの時代SFがつくられてきた。
本作の題材は織田信長である。信長がなぜ有名なのかというと、フィギュアスケート選手の織田信成の祖先だからである。織田選手の活躍がなければ歴史の陰に埋もれていたといってもよいほどだ。であるから、カメオ出演として信成を出すとか、信長がスケートをするシーンを織り込むなどの工夫が欲しかったところである。

■信長協奏曲(ノブナガコンツェルト) 2016年 日本映画
監督:松山博昭
原作:石井あゆみ
脚本:西田征史
出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔、水原希子、古田新太、濱田岳、高嶋政宏、でんでん、勝矢、阪田マサノブ、阿部進之介、北村匠海、山田孝之、藤木直人、森下能幸、団時朗、冨田佳輔、上山竜治、久保酎吉、高橋弘志、谷口公一、巨勢竜也、中野澪、中田裕一、荒井志郎、長浜之人、川井つと、佐藤五郎、広瀬圭祐、鈴木誠克、志野リュウ、村本明久、島崎友之、金子太郎、阿部岳明、黒田浩二、加藤桃子、本山力、山口幸晴、小川夏果、絲木建汰、桜井ハル、岡田賢太郎、白神允、助友智哉、巴山祐樹、河野達郎、浦野博士、北和輝、村田雄輔、本城雄太、馬場哲夫、若松一隼、西村正明、近藤さつき、中川江奈、岡田和莉、小川ひかる、松本栄美、竹内美晴、榎本有希子、長谷川葉月、中野貴生、西本篤志、大岩匡、平井靖、東田達夫、池田勝志、仲野毅、越中晃一、清家一斗、久保田光男、奥深山新、重伸幸、林健太郎、海道力也、稲田龍雄、田井克幸、野々村仁


nobunaga-concerto_2015

nobunaga-concerto_2015_01nobunaga-concerto_2015_02nobunaga_KYOSOKYOKU_2016

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8185-d5810acb