アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ 3 

この21世紀版「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」も3作目である。ということは、世間的には評判はいいと考えていいのだろう。つまりは強姦された女性が猟奇的な方法で復讐するというスタイルが受け入れられているということだ。私は痛みの実感が伴う映像は得意ではないが、3作とも(なおかつ1978年の『発情アニマル』まで)見ているのはどういうわけだ。まだ自分でも気づいていない、この手の方向性を好む何かが心のどこかに潜んでいるのであろうか。
ただし、本作はこれまでよりも少し現実的な路線に変更したように感じた。といっても、これまでのものがあまりに狂気じみていたので、これはこれで刺激が強いものであるが。

■I SPIT ON YOUR GRAVE 3 / I SPIT ON YOUR GRAVE: VENGEANCE IS MINE 2016年 アメリカ映画
監督: R.R・D・ブラウンシュタイン
脚本: ダニエル・ギルボイ
出演: 出演: セーラ・バトラー、ジェニファー・ランドン、ダグ・マッケオン、ハーレイ・ジェーン・コザック、ガブリエル・ホーガン、ミシェル・ハード、ラッセル・ピッツ、ウォルター・ペレス、カレン・ストラスマン、クリストファー・ホフマン、メグ・ライチ、アダム・ダネルズ、ボビー・リード、コリー・クレイグ、アラ・コロト、ジェフ・ブランソン、ロドニー・イーストマン、アンドリュー・ディッツ、ロニー・パーリン、アリッサ・ヨハン、マラニ・クームズ


I_SPIT_ON_YOUR_GRAVE_3_2015

I_SPIT_ON_YOUR_GRAVE_3_2006I_SPIT_ON_YOUR_GRAVE_3_2006_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8179-6cd382f9