王妃の館 

水谷豊の独特の演技に邪魔をされてお話に入っていけなのはいかんともしがたい。『相棒』でも見ていれば少しは彼に対しての免疫力がついていることによって対応できたのかもしれないが、そのドラマは仲間由紀恵が出たときにチラッと見ただけで、右京だか左京だかもさっぱり知らない。最初は『相棒』というのはF1ドライバーの話かと思っていたくらいである。
考えてみれば、『傷だらけの天使』は大人のドラマとして見ておらず、『熱中時代』にも熱中できなかった自分にとって、水谷豊という俳優のキャリアはまったく築かれていないのであろう。
……「『相棒』というのはF1ドライバーの話かと思っていた」と書いたのは、いささか筆が滑ったというか、キーボードが転んだということをお断りしておく。

■CHATEAU DE LA REINE 2015年 日本映画
監督:橋本一
原作:浅田次郎『王妃の館』(集英社文庫)
脚本:谷口純一郎、国井桂
エンディング曲:小野リサ『PLAISIR D'AMOUR』
出演:水谷豊、田中麗奈、吹石一恵、尾上寛之、青木崇高、中村倫也、安達祐実、山中崇史、野口かおる、大川春菜、緒形直人、石橋蓮司、井之上隆志、菊池銀河、魏涼子、川先宏美、磯部泰宏、上原剛史、加藤楷翔、藤井基、安田成美、石丸幹二


ouhinoyakata_2015

ouhi_no_yakata_2015

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8138-d5c8599d