紙の月(テレビドラマ版) 

映画版も宮沢りえのさらっとした演技がよかったが、遅ればせながら鑑賞したこのテレビドラマ版の原田知世もよい。宮沢よりもクリ―ンなイメージで売っていたアイドル時代を知っているがため、なおさら、その時代を経て、不倫で落ちていく女性という役柄を演じるようになったギャップに「萌える」という感覚もはたらいていよう。
この甲乙つけがたい主演女優の勝負は、こうなると脇役陣で決まってくる。個人的には、暗に優劣を誇示するイヤミな夫役が、映画版の田辺誠一ははなはだ弱く、今回、ドラマ版の光石研を見て納得したので、ドラマに旗をあげたい。

■紙の月(テレビドラマ) 2014年 NHK総合
演出:黛りんたろう、一色隆司
原作:角田光代『紙の月』(角川春樹事務所)
脚本:篠崎絵里子
主題歌:マイア・ヒラサワ『子守唄』
出演:原田知世、水野真紀、西田尚美、満島真之介、佐戸井けん太、甲本雅裕、長谷川初範、竹内都子、宍戸美和公、久松龍一、原涼子、中島亜梨沙、前田希美、相楽樹、藤井武美、ミッキー・カーチス、冨士眞奈美、光石研、占部房子、弓削智久、南乃彩希、不破万作、野口ふみえ


kami_no_tsuki_2014

NHK_DRAMA_kaminotuki

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8099-e8b4b1fc