スケルトン・ツインズ/幸せな人生のはじめ方 

つねづね双子の心性に興味があった。テレビなどでも、遠く離れていても双子には心のつながりがあるという事例が紹介されたりしているが、その不思議な事象について当の本人たちは当たり前のこととして受け入れているような言動もあったりする。身近な生命の神秘として魅力ある対象なのである。
本作でも、離れた場所にいながら同時に自殺を試みるという冒頭のエピソードはそれであろう。このお互いにマイナス要素を多く抱えた二卵性の姉弟は、あまりに近い存在だからこそ忌避しあいながらも、それだからこそ2人で1人の感覚は強いのだと思われる。その(あまりに遅い)心の成長を綴った一作である。

■THE SKELETON TWINS 2014年 アメリカ映画
監督:クレイグ・ジョンソン
脚本:マーク・ヘイマン
出演: クリステン・ウィグ、ビル・ヘイダー、ルーク・ウィルソン、タイ・バーレル、ボイド・ホルブルック、ジョアンナ・グリーソン、キャスリーン・ローズ・パーキンス、エイドリアン・レノックス、エドワード・シュワイグハルト、クリフ・モイラン、イアン・ハイランド、ジェニファー・ラフルー、シドニー・ルーカス、ポール・カストロ・Jr.、ベンジャミン・マッゴーワン、ジェニファー・スミス、ジュヌビエーブ・アダムス、トルック・ハドソン、デビッド・ガレリック、スrヒーブ・ウィアー


the_skeleton_twins_2014

the_skeleton_twins_2014_01the_skeleton_twins_2014_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8053-64652060