放送禁止 劇場版/密着68日 復讐執行人 

シエロと七川ノラムがキーパーソンである。そのことを頭において画面を凝視していれば、2人の関係や、そこから派生する謎、仮面の女性の正体などがつぎつぎを恐怖感を伴ってわかってくるという仕組み。ドキュメンタリー風に撮影されているが、これはいわゆるモキュメンタリーである。だからこそ、画面に仕掛けを施すことができたのであるが、よく見てみれば、制作者も意図していない絵が浮かび上がってくる。それをここであからさまに解くことは、興ざめでもあるので遠慮しておこう。
しかし、この映画に限ることではないが、顔を隠した女性はそこに理想的な相貌をはめ込んでしまうため、非常に魅力的に見えるものである。これを「ざわちん効果」と名づけたい。

■放送禁止 劇場版/密着68日 復讐執行人  2008年 日本映画
監督・企画・脚本:長江俊和
出演:佐伯新、伊佐美紀、寺田万里子、吉岡睦雄、山本剛史、紀藤正樹、吉岡誠司


housou_kinshi_2008

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/8003-470abac6