お姉チャンバラ THE MOVIE 

肌の露出が多いお姉ちゃんにチャンバラを合成すれば、血糊ベタベタなフェティッシュ映画ができあがる。おそらく、この二つは非常に親和性が高い。精神の充足のベクトルがかなり近い方向を示していると思われる。ただ、そうはいっても、血しぶきが苦手な人もいるわけで、また血潮はいいがお姉ちゃんが得意ではないという趣味の人も(そう多くはないだろうと推測はするけれども)いることはいるだろう。人は十人十色であることを知る瞬間である。
なお、脇知弘は『ごくせん』のころから一貫して脇役人生を歩んでいるようである。ここからの脱出の第一歩は改名であろう。

■お姉チャンバラ THE MOVIE 2008年 日本映画
監督:福田陽平
アクション監督:小原剛
原案:ディースリー・パブリッシャー、タムソフト
脚本:村川康敏、福田陽平
主題歌:川田まみ『翡翠 -HISUI-』
出演:出演:乙黒えり、橋本愛実(マナミ)、脇知弘、中村知世、白善哲、川連廣明、永井朋弥、倉内沙莉、葉月あい、諏訪太朗、渡辺哲、永井朋弥、小鳥遊恋、寺清水まゆみ、川連廣明、岡本正仁、三宅亜矢子、平山成基、山口正人、大石将史、坪内守、木下綾菜、大塩剛、大鳳若菜、柴田愛之助


ONEE_CHANBARA_THE_MOVIE_2008

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7999-44ce52f6