変態家族/兄貴の嫁さん 

周防正行の監督デビュー作とのこと。成人映画でありながら小津安二郎へオマージュを捧げる作風という実験作である。たしかにそう言われれば、あまり小津を知らない私でも、その雰囲気はわかる。笠智衆を思わせる木訥な大杉漣もいい。
ただそちらに力を入れたぶん、成人映画としてのエロ度は落ちざるを得ない。もしかしたらこの時代、この程度でも成人映画としての役目は果たせていたのかもしれないが。

■変態家族/兄貴の嫁さん 1984年 日本映画
監督・脚本:周防正行
美術:種田陽平、矢島周平
音楽:周防義和
出演:風かおる、山地美貴、大杉漣、下元史朗、首藤啓、深野晴彦、原懶舞、花山くらら、麻生うさぎ


Hentai_kazoku_Aniki_no_yomesan_1984

Hentai_kazoku_Aniki_no_yomesan_1984_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7994-18f2de5d