コントロール 

開発中の新薬アナグレスで凶悪な人間の感情をコントロールできるかという主題で展開されるストーリーだが、その裏には善人と悪人の峻別点は、そのときの都合によっていくらでもコントロールできるという不合理な社会の仕組みを潜ませている。
それだけに堂々とした悪人顔のレイ・リオッタと、それに対してやはり悪人顔のウィレム・デフォーが、どこまでその善悪の峻別のポイントを演技で表現できるかという勝負にもなっているところが興味深い。死をもってそれを表したリオッタと、研究所を辞して新たな一歩を踏み出したデフォーのどちらが勝ったか、その判断は鑑賞者の判断に委ねたい。

■CONTROL 2004年 アメリカ映画
監督:ティム・ハンター
脚本:トッド・スラブキン、ダーレン・スウィマー
出演:レイ・リオッタ、ウィレム・デフォー、ミシェル・ロドリゲス、スティーブン・レイ、ポリー・ウォーカー、キャスリーン・ロバートソン、ティム・ディケイ、マーク・ピッカード、スチュワート・アレクサンダー、アイバン・ケイ、マーク・レセレン、アンソニー・ウォーレン、マック・マクドナルド、ルロイ・ゴールディング、マーク・コレアノ、ニック・ブリンブル、ジョン・ハンセン、チコ・アンドラーデ、ダニエル・サミュエル、エリック・マイヤーズ、ジョナス・トーキントン、ピーター・ペトロフ、プラーメン・マナシーフ、リュー・テンプル


CONTROL_2004

CONTROL_2004_01CONTROL_2004_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7956-d78c8a2b