WEEKEND BLUES/ウィークエンド・ブルース 

なるほど、少ないキャストに監督本人も出演する総動員的な自主制作製的なつくりは時代を感じさせるし、拙い演技によって「緊迫感があって当然と想像できるシーン」にも、その緊迫感が伝わってこないのは残念である。それでも、このあとの『運命じゃない人』や『アフタースクール』に見られる、ちりばめられた伏線を最後に回収して終わるスカッと感は、このときにすでに萌芽が見えていることが確認できて興味深い。
実をいうと、この「スカッと感」も、ちょっと冗長な部分があることで、思ったほどにスカッとはしない。しかし、その分、主人公の見るからに人の良さげな人柄によりほっこりした気持ちを生じさせることでカバーしている。

■WEEKEND BLUES 2001年 日本映画
監督・脚本・編集:内田けんじ
音楽:ミツ石橋
出演:中桐孝、熊沢麻衣子、横田大吾、内田けんじ


WEEKEND_BLUES_2001

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7955-b6522783