餓狼伝 

いまや『餓狼伝』といえば、今尾による漫画版のほうが有名なのではないか。私は漫画はちらっとしか見たことはなく、どちらかといえば夢枕獏の原作を読んだ口である。この長編は続巻が出るのにかなり時間がかかるので、その間にストーリーを忘れてしまい、新刊が出るたびに最初に戻って読み直すという、行きつ戻りつのの読書をくり返した作品である。
その映像化にはかなりの困難があっただろう。ストーリーは主人公・丹波文七とプロレスラー梶原の因縁対決がメインになっているが、これは小説でいえばほんの導入部に過ぎない。これから格闘界がうごめいていくことになる。だから松尾象山も姫川勉もまだその牙を披露さえしていない。この松尾と姫川、この映画で戦う姿を描かなくてよかったと思えるほど、私の小説を読んだときのイメージとは乖離している。本田広太郎も格闘家としては華奢。主役の丹波はさすが世界的な格闘家だけあって見た目はいいが、やはり演技のほうは残念と言わざるをえない。大杉漣は異様な存在感を放っている。
体つきや迫力、それに演技が伴っているのは藤原喜明くらいか。

■餓狼伝 1995年 日本映画
監督:佐々木正人
原作:夢枕獏『餓狼伝』
脚色:久保直樹、佐々木正人
出演:八巻健志、石川雄規、藤原喜明、清水邦彦、石田太郎、大杉漣、菅田俊、大河内浩、豊嶋稔、関根さち子、岡崎宏、池田大輔、グレン・ヤコブズ、坂本恵義、佐伯健徳、本田博太郎、石橋雅史、本郷功次郎、大杉漣、島田尚剛、志田清之、臼田勝美、船木勝一、田中みのる、小野武志、小坪弘良、米山聡、北斗辰典、高市好行、山田公男、増島剛行、河野達也、高田義人、石丸ひろ氏、榊原直哉、岩岩岩岩、酒井盛陽炎、花村校、村田誠司、吉田瑞穂、横山和博、佐々木俊宜、剣崎凌賀、NOBUKI、浅田和義、高城沙也加、河西祐樹、遠藤晃生、鎌田栄治、帯金伸行、谷英樹


Garouden_MOVIE_1995

Garouden_MOVIE_1995_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7952-c02ea7c3