電子頭脳人間 

「電子頭脳人間」というタイトルから、完全に改造されたサイボーグが悪と闘うヒーローものアクションだと思っていたが、まったく違っていた。どちらかといえば社会派作品であろう。そうとは知らず、人間業とは思えないほど跳躍したり、目からレーザー光線を出したりして戦うのだろうと思って、やけに長く、そしてやけにリアルな手術シーンを見つづけていたのだ。だがこの男がけっきょく映画の中においてはヒール役であったとは。
なお、最初はまったく気がつかなかったが、主人公の彼女は若かりしころのジル・クレイバーグであった。ミニスカートから伸びるスレンダーなおみ足がまぶしい。

■THE TERMINAL MAN 1974年 アメリカ映画
監督・製作・脚本:マイク・ホッジス
原作:マイケル・クライトン
出演:ジョージ・シーガル、ジョーン・ハケット、リチャード・ダイサート、ドナルド・モファット、マイケル・C. グウィン、ウィリアム・ハンセン、ジル・クレイバーグ、ノーマン・バートン、ジェームズ・シッキング、マット・クラーク、ジム・アントニオ、ジーン・ボーカン、バーク・バーンズ、ジョーダン・ローデス、スティーブ・カナリー、ジャック・コービン、リー・デ・ブロー、ロバート・イトー、ビクター・アルゴ


denshi_zuno_ningen_1974

denshi_zuno_ningen_1974_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7937-3b464ab3