罪の余白 

中年のおじさんが高校生の小娘にしてやられる感がかえって心地いいのは、自分がM気質だからか。つまり、その生来の気質の種類によって、本作を見る角度が変わってくるといえる。場合によっては、彼女らを憎悪の対象として認識するかもしれず、またそこに自分の娘の姿を投影し、その背後にある現実社会の恐ろしさにおびえることもあるだろう。
いずれにしろ、いくら娘の友だちだからといって、家人のいない家に呼ぶという愚行はやめたほうがいいし、女子高生もそんな家に単独で行ってはいけない。それが本作が真に伝えたかった教訓であろう。

■罪の余白 2015年 日本映画
監督:大塚祐吉
原作:芦沢央『罪の余白』(角川文庫)
脚本:大塚祐吉
主題歌:金魚わかな『ダブルバインド』
挿入歌:葛城ユキ『Freedom』
出演:内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、久保早里奈、葵わかな、宇野愛海、吉田美佳子、堀部圭亮、利重剛、由貴塔子、加藤雅也、北香那、今田美桜、武田玲奈、宮川浩明、久野美結、山下愛実、川島由莉、黒澤はるか、三浦明香、南早紀、イチキ游子、山本コハル、平野杏奈、大石崇徳、清塚信也、水木彩也子、白州本樹、田中雄策、間根山雄太、田中慎太郎、伊藤さやか、竹村葉月、中村憲刀、竹下優子、聖毅、望月章男、八田浩司、大貫真代、ゆきら、鈴川亜美、武田玲奈、南佳奈、鞍馬優、中西裕胡、城戸風澄、西園寺御園、宮城光瑠、半田莉緒、中澤梓佐、三浦千幸、利根川達哉、清水拓海


tsumi_no_yohaku_2015

tsuminoyohaku_2015

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7923-25ab42b4