白鯨との闘い 

地球上でいちばん大きな生物であるクジラ。このクジラの前では人は無力にならざるを得ない。「勝てるかも」などというもしもの気持ちさえ微塵も感じさせないほどの圧倒的な存在感を示す。しかしそれでも人は無謀な挑戦をしつづけてきた。無茶が好きなのであろう。その無茶を脚色して作品化したのが、本作でも聞き役として登場するハーマン・メルビルの『白鯨』である。
さて、映画作品を見るときは、かならず「この人物が自分だったら」というIFを考える。本作におけるそのIFの答えは簡単だ。まず海という足が地面につかない場所には自分だったら近寄らない。泳げないからである。

■IN THE HEART OF THE SEA 2015年 アメリカ映画
監督:ロン・ハワード
製作:ジョー・ロス、ポーラ・ワインスタイン、ウィル・ウォード、ブライアン・グレイザー、ロン・ハワード
原作:ナサニエル・フィルブリック『復讐する海/捕鯨船エセックス号の悲劇』(集英社)/『白鯨との闘い』(集英社文庫)
原案:チャールズ・リービット、リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー
脚本:チャールズ・リービット
出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィ、トム・ホランド、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン、ミシェル・ フェアリー、ポール・アンダーソン、フランク・ディレイン、ジョゼフ・マウル、エドワード・アシュレイ、サム・キーリー、ゲイリー・ビードル、シャーロッ ト・ライリー、ドナルド・サンプター、ジョルディ・モリャ


hakugei_tono_tatakai_2016

in_the_heart_of_the_sea_2015_01in_the_heart_of_the_sea_2015_02in_the_heart_of_the_sea_2015_03
in_the_heart_of_the_sea_2015_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7914-846d0f52