X-ミッション 

本作ではすでに亡くなっているという設定のため、その姿は実際には出てこないが、オノ・オザキなる日本人と思われる人物がキーパーソンとなる。「自然に敬意を払う」という哲学理念による「オザキ8」なるエクストリームスポーツの制覇は、オザキ自身も含み誰も成し遂げていない。そのオザキ8に挑む犯罪集団と、かつてバイクによるエクストリームスポーツで親友を亡くした、いかにも頭の悪そうな金髪青年との攻防が描かれる。
というのも、この金髪青年は、友人を亡くしたあとにどういうわけか「規則に縛られたい」というわけのわからない思いでFBIの臨時雇いとなったために、犯罪集団に潜入捜査をすることになったためである。うまいこと潜り込めたのは、いかにもな風体がとても官憲関係だとは見えなかったからであり、しかもその後も捜査らしいことは何もせず、連中と騒いだりお姉ちゃんといい関係になったりと、意図が理解できない行動を繰り返すのである。たぶん、いちばんいけないのは、そんなおバカちゃんを雇ったFBIであろう。

■POINT BREAK  2015年 ドイツ/中国/アメリカ映画
監督:エリクソン・コア
原案:リック・キング、W. ピーター・イリフ、カート・ウィマー
脚本:カート・ウィマー
出演:エドガー・ラミレス、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、デルロイ・リンドー、レイ・ウィンストン


X-MISSION_2015

Point_Break_2015_01Point_Break_2015_02Point_Break_2015_03
Point_Break_2015_04Point_Break_2015_05Point_Break_2015_06
Point_Break_2015_07Point_Break_2015_08Point_Break_2015_09
Point_Break_2015_10

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7883-bbc9d166