アーロと少年 

恐竜はしゃべれるが、少年はしゃべれないため、セリフが極端に少ない。その分、動きを見るのに集中できる。これまで洋画でどれだけ字幕を見るために、画面での動きそのものを見る力を削がれてきたかがよくわかる。しかもこれはCGアニメなので、色差がはっきりしているため、もともと動きもよくわかるはずだ。通常の実写映画であれば、この明確さは劣るはず。
ラストの仲間との別れや家族との再会に涙するのは、この最低限のセリフによって得られた物語への傾注も寄与しているに違いない。

■THE GOOD DINOSAUR 2015年 アメリカ映画
監督:ピーター・ソーン
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ
原案:ピーター・ソーン、エリック・ベンソン、メグ・レフォーブ、ケルシー・マン、ボブ・ピーターソン
脚本:メグ・レフォーブ
声の出演:レイモンド・オチョア、ジャック・ブライト、サム・エリオット、アンナ・パキン、A.J. バックリー、ジェフリー・ライト、フランシス・マクドーマンド、スティーブ・ザーン
声の出演(日本語吹替版):安田成美、松重豊、八嶋智人、片桐はいり、石川樹


arlo_to_shonen_2015

the_good_dinosaur_2015_01the_good_dinosaur_2015_02the_good_dinosaur_2015_03
the_good_dinosaur_2015_04the_good_dinosaur_2015_05the_good_dinosaur_2015_06
the_good_dinosaur_2015_07the_good_dinosaur_2015_08the_good_dinosaur_2015_09
the_good_dinosaur_2015_10the_good_dinosaur_2015_11arlo_to_shonen_2015_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7847-91ff61f0