ストレイヤーズ・クロニクル 

最近の日本映画のすべてに染谷将太が出ているように感じるのは気のせいか。たまたま自分が彼の出演する映画をセレクトしているのか。だとしたら、彼の出演することを決めた作品へのモチベーションと私の映画を見ようと決める作品へのモチベーションは一致するのか。自分は染谷将太があまり好きではないと思っているのだが、それは表面的な感情に過ぎないのか。深層の部分では、どこかに共感を感じているのか。
数々の染谷将太への疑問を頭の上に浮かばせながら鑑賞。なんだかんだ言いつつ、岡田将生はタッパがあるしかっこいい。終始車椅子に座ったままの染谷とは好対照だ。どうせなら岡田のほうとシンパシーを共有したいものである。

■STRAYER'S CHRONICLE  2015年 日本映画
監督:瀬々敬久
アクション監督:下村勇二
原作:本多孝好『ストレイヤーズ・クロニクル』(集英社)
脚本:喜安浩平、瀬々敬久
主題歌:ゲスの極み乙女。『ロマンスがありあまる』
出演:岡田将生、染谷将太、佐藤美彩希、杉浦芳理、清水美沙、堀内泰佑、成海璃子、松岡茉優、前原梨奈、白石隼也、宮崎紗也絵、阿部栞奈、高月彩良、渡邉このみ、清水尋也、鈴木伸之、岸井ゆきの、荻野友里、橋本有紗、柳俊太郎、市原伽恋、佐藤真子、さとうかよこ、久保浩子、原田舞美、瀬戸利樹、黒島結菜、今井紗来、青木崇高、渡辺大、忍成修吾、白井珠希、団時朗、日向丈、布施紀行、本郷奏多、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志、奥瀬繁、池田政典、国枝量平、中脇樹人、和木亜央、中川哲、藤本恭子、安野恭太、鶴井宗貴、池上幸平、深田真弘、高村佳偉人、荒木飛羽、吉澤太陽、高橋琉晟、伊藤歩夢、磯野恵大、酒井和哉、江藤修平、松木研也、小野孝弘、鬼塚庸介、鈴木雄一郎、Steve Jean、Ozwald Kouame、Antnio Castaneda、Hamid Vesali、Sebastian K、Renato Sezaru、Mounir el Arfaoui、Leno、Avi Mazalto


strayers_chronicle_2015

strayers_chronicle_2015_01strayers_chronicle_2015_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7751-ec2fb927