アフターライフ 

クリスティーナ・リッチは全編のかなりの割合を裸で過ごす。このシチュエーションの設定だけで勝利は確信できたことだろう。しかも、その状態になる前は刺激的な真っ赤な下着だ。いやがうえにも盛り上がらざるを得ない。
しかし物語はわりと静かな雰囲気で進む。そのたたずまいに大いに関与しているのが謎の男、リーアム・ニーソンだ。ただ、正直なところ、リーアムは娘のために戦う父親というイメージがついてしまったため、このような怪しい役ははなはだチグハグ感が伴う。本作は、いってみればアメリカ版『おくりびと』だ。つまりはリーアム・モックンと思えばいいのだ。

■AFTER.LIFE 2009年 アメリカ映画
監督:アグニェシュカ・ボイトビッチ=ボスルー
脚本:アグニェシュカ・ボイトビッチ=ボスルー、ポール・ボスルー、ヤクブ・コロルチュク
出演:クリスティナ・リッチ、ジャスティン・ロング、リーアム・ニーソン、ジョシュ・チャールズ、チャンドラー・カンタベリー、セリア・ウェストン、シュラー・ヘンズリー


after_life_2009

after_life_2009_01after_life_2009_02after_life_2009_03
after_life_2009_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7706-c53bfc57