スペル 

本作の監督であるサム・ライミといえば『スパイダーマン』というくらい、彼の代表作となっているが、それまでの代表作はいまでもカルト的人気を誇っているスプラッター映画『死霊のはらわた』の監督であった。
そのB級的な力を存分に発揮したのがこの『スペル』。とにかく気色悪い。とくにばあさん。主演のアリソン・ローマンも、仕事とはいえ、よくこの撮影に耐えたと同情を禁じ得ない。総入れ歯のばあさんにアゴを噛みつかれるという、おそらく一般の人は一生経験できない貴重な機会を得たことが、彼女のこのあとの女優活動にプラスにはたらけばいいが、逆にマイナスにはたらいている可能性もある、と心配になるほどである。

■DRAG ME TO HELL 2009年 アメリカ映画
監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ、アイバン・ライミ
出演:アリソン・ローマン、ジャスティン・ロング、ローナ・レイバー、ディリープ・ラオ、デビッド・ペイマー、アドリアナ・バラーサ、チェルシー・ロス、レジー・リー、モリー・チーク、ボヤナ・ノバコビッチ、ケビン・フォスター、アレクシス・クルス、オクタビア・スペンサー


spell_2009

spell_2009_01drag_me_to_hell_2009_01drag_me_to_hell_2009_02
drag_me_to_hell_2009_03drag_me_to_hell_2009_04drag_me_to_hell_2009_05
drag_me_to_hell_2009_06

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7705-70729b54