ラブ・アクチュアリー 

かねがねローワン・アトキンソン嫌いを表明しているが、本作での「百貨店の販売員」としてのワンポイント起用(最後のほうでもう一回出てくるが)はよい。正直はじめてローワン・アトキンソンで好印象を持ったかもしれない。主演としてセンターを張るのは、アクの強い彼では辟易感がすぐに表出するので、このくらいの出番が彼の力量にもあっているのであろう。適材適所とはこういうことをいうのである。
なお、いくつものストーリーがオムニバスで同時並行的に進んでいき少し混乱しつつもハッピーエンドを迎える筋立ては、予定調和的ではあるが、気持ちよく見ることができる。なかでもリーアム・ニーソンの義理の息子のエピソードと、老ロックスターとマネージャーの友愛話が出色。

■LOVE ACTUALLY 2003年 イギリス/アメリカ映画
監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、アラン・リックマン、コリン・ファース、ローラ・リニー、キーラ・ナイトレイ、ローワン・アトキンソン、ビリー・ボブ・ソーントン、ビル・ナイ、アンドリュー・リンカーン、マルティン・マカッチョン、ジョアンナ・ペイジ、クリス・マーシャル、ルシア・モニス、マーティン・フリーマン、トーマス・サングスター、ロドリゴ・サントロ、ハイケ・マカッシュ、キウェテル・イジョフォー、アブダル・サリス、グレゴール・フィッシャー、オリビア・オルソン、シエンナ・ギロリー、エリシャ・カスバート、デニース・リチャーズ、リチャード・ホーレイ、デクラン・ドネリー、アント・マクパートリン、ニーナ・ソサーニャ


Love_Actually_2003

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7687-506044ef