卒業旅行/ニホンから来ました 

天竺鼠の川原がいうところの「知り合いでいちばんおもしろい人」である鶴田真由が出演しているからには、そうとうにおもしろいに違いない。そう直感して見はじめた本作である。そしてその直感はまさしく、最後まで裏切られることはなかったといってよい。そこには川原いうところの「いちばんおもしろい人」鶴田真由よりもおもしろい顔をした織田裕二がいたからである。たしかに鶴田真由も、彼女なりのおもしろさを発揮していたことは認めるが、明らかに織田裕二のポテンシャルのほうが高かったのである。
とくに彼の力の抜けるにやけ顔がポイントが高い。あの変顔の一発ギャグで芸能界の頂点を極めたといってもよいくらい、パーフェクトな衝撃度でこちらに迫る。そこにペーソスを感じさせたら、もう敵はいない。さらに追い討ちをかけるように、身体に馴染んだ過去のヒット曲だ。織田裕二と鶴田真由のコンビが、天竺鼠のライバルとして立ちあがるのである。

■卒業旅行/ニホンから来ました 1993年 日本映画
監督:金子修介
原作・脚本:一色伸幸
出演:織田裕二、鹿賀丈史、鶴田真由、小坂一也、水野久美、広岡由里子、佐戸井けん太、有福正志、林勇、山本清、久米明
Special Thanks:西城秀樹、ポール牧、山本リンダ、レツゴー三匹、猪木寛至、ピンクレディー


sotsugyo_ryoko_nihon_kara_kimashita_1993

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7658-c3812a4a