ヨコハマBJブルース 

これまで松田優作の映画をどれほど見てきたか。「優作兄貴」と言いながらも、『太陽にほえろ!』と『探偵物語』で終わっていなかったか。当ブログでもこれまでに『蘇える金狼』と『ブラック・レイン』のレビューしかアップしていないが、ハードボイルド作品や、演技派として開眼した感のある後年の作品も系統立てて見ていく必要があるだろう。
それらを制覇してこそ、「優作兄貴」と呼べる権利が入手できるのである。そして、そこからふたたびジーパン刑事、もしくは工藤ちゃんに戻ってみることで、新たな松田優作の魅力が発見できうるに違いない。その一環としてのBJブルースである。

■ヨコハマBJブルース 1981年 日本映画
監督:工藤栄一
原案:松田優作
脚本:丸山昇一
音楽:クリエーション
主題歌:松田優作
出演:松田優作、工藤啓子、辺見マリ、関口ますみ、蟹江敬三、西村裕子、田中浩二、橘雪子、山田辰夫、山西道広、鹿沼えり、岡本麗、吉川遊土、財津一郎、安岡力也、堀礼文、貞永敏、トビー・門口、殿山泰司、馬渕晴子、宇崎竜童、内田裕也、友金敏雄、清水宏、戸井十月、立川光貴、貞永敏、笠野賢治、重松収、山下宏、速水隆、奥村公延、榎木兵衛


YOKOHAMA_BJ_BLUES_1981

YOKOHAMA_BJ_BLUES_1981_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7614-8b27b4e8