新宿スワン 

このところ、セカイノオザワを足がかりにして売れだした綾野剛のチンピラ映画。綾野剛はさすがにセカオザのそっくりさん出身ということだけあって、バラエティー番組での振る舞いができている。しっかりと自分の立ち位置を把握して、その期待に即して動くことができる能力は天性のものだろう。この点は、独自の世界観を持つセカオザの「はずしの芸風」とは明らかに異なる。
そのバラエティー番組での所作とは裏腹に、彼の名前にはもどかしさを感じる。彼の名前を口に出すとき、「あやの」と言ったあとにどうしても「こうじ」をつけたくなるのであるが、その気持ちを抑えて「ごう」と言うと、どこか物足りなさが残り、すっきりしないのである。今後、彼が売れに売れて、いつか出生魚のように「綾小路剛」と改名する日がくることを願う。そのときこそ、海に向かって大きな声で「あやのこうじごうー!」と叫びたいものである。

■新宿スワン 2014年 日本映画
監督:園子温
原作:和久井健『新宿スワン』(講談社『ヤングマガジン』)
脚本:鈴木おさむ、水島力也
主題歌:MAN WITH A MISSION『Dive』
挿入歌:UVERworld『Collide』
出演:綾野剛、山田孝之、沢尻エリカ、麻生真桜、伴杏里、金子ノブアキ、彩月みほ、深水元基、堀井綾香、久保田悠来、安田顕、清久ジュリア、菅原将暉、山田優、白滝まつり、豊原功補、はねゆり、こっとん健児、野中隆光、YOUNGDAIS、中嶋たまみ、長田成哉、西崎あや、梶原ひかり、中野裕太、木乃江祐希、江戸川萬時、桜木健一、今野杏南、池田純矢、札内幸太、藤巻勇気、角島美緒、伊藤竜翼、高橋良平、越村友一、野村啓介、冨手麻妙、上松大輔、武藤賢人、溝口裕介、有馬健太、冨永竜、南優、大川慶吾、広森春樹、影山大輝、泉大智、コトウロレナ、朝倉えりか、江口愛、蘭次、関根勤、塩川渉、渡辺潤、真野恵里菜、真中乃亜、丸高愛実、森田彩華、吉田鋼太郎、一ノ瀬ワタル、藤原季節、村上淳、佐野光来、加藤桃子、松下美優、尾畑美衣奈、辻朋江、坂本亜里紗、眞壁小百合、桜井ユキ、高柳結笑、沢口えり、白石玲、宮島三郎、北島康平、伊勢谷友介、麻生秀男、古田一紀、神山大和、新鮮誠、細貝圭、森井健太、福村翔太、中山孟、鈴木康愛


shinjuku_swan_2014

shinjuku_swan_2014_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7561-4e5938da