トイレのピエタ 

この映画の元となったものについてよく知らなかったが、手塚治虫の最後の着想で、ペンを持てなくなる前日の日記に書かれていたとのことなので、まさに“最期”といえよう。正直、“マンガの神さま”と称される手塚のラスト作品であるというのに、映画は「それにしちゃあ」という感想は拭えない。主役を本作が役者デビューというRADWIMPSの野田洋次郎ということも影響しているだろうか。また「RADWIMPSのファンだから」という私的な理由で出演しているらしい大竹しのぶと宮沢りえもまた、その傾向に荷担していると覚しい。
手塚の娘も、本作には否定的な意見を述べているらしい。息子はやはり「トイレのピエタ」の着想を元にしたアニメ『クミとチューリップ』をつくっているらしい。本作とは大きく解釈が異なるらしいので、チャンスがあれば見たいものである。

■トイレのピエタ  2015年 日本映画
監督・脚本:松永大司
原作:松永大司『トイレのピエタ』(文藝春秋)
原案:手塚治虫
主題歌:野田洋次郎『ピクニック』
出演:野田洋次郎、杉咲花、奥谷真弓、リリー・フランキー、住吉真理子、市川紗椰、桜井ユキ、古舘寛治、森下能幸、澤田陸、広澤草、MEGUMI、小林トシ江、岩松了、大竹しのぶ、長田奈麻、宮沢りえ、佐藤健、安井順平、古舘寛治、松澤匠、尾畑美依奈、田中佐季、岡田明子、阿部大輝、小林夏那子、横山陽紀、平岡拓真、伊藤公一、川島龍登、柴田光、五味佳晃、中澤準、高野春樹、松木大輔、大塚ヒロタ、畠中ひろみ、松崎夏樹、眼鏡太郎


toilet_NO_pieta_2015

toilet_Pietà_2015

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7546-08c1ade0