ターミネーター:新起動/ジェニシス 

どうもシリーズ5作目ともなると、それぞれの設定やいろいろな時間軸での出来事がゴチャゴチャになり、それらの整合性をとるために理屈っぽくなる傾向がある。しかもそれでも説明できないと、「まいっか」的な展開となって、その整合性さえ無視して暴走を始めるのである。その映画シリーズの存在自体がスカイネットの隠喩であることに気づけば、矛盾点を指摘するのもむべなるかなという気分になろう。
そのめちゃくちゃな設定なき設定の最後には、おそらく「カイルの子はカイル」というオチにもっていくと思われる。
なお、1984年の第1作と2015年の今作でターミネーター役を演じたシュワルツェネッガーは、「30年前と同じ役を演じる」という点で、1976年2006年に『犬神家の一族』の金田一耕助役を演じた石坂浩二と肩を並べたといえよう。

■TERMINATOR: GENISYS 2015年 アメリカ映画
監督:アラン・テイラー
脚本・原案:レータ・カログリディス、パトリック・ルシエ、ジェームズ・キャメロン、ゲイル・アン・ハード
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、エミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、ジェイ・コートニー、ジャスティン・ゴールドスミス、J.K. シモンズ、 イ・ビョンホン、ダグラス・ウィルコック II、ダグラス・M. グリフィン、ダグラス・スミス、ジェローム・アンドリエス、テリー・ワイブル、ビクトリア・グリーン、ケリー・オマリー、サマンサ・サドフ、コートニー・B, バンス、セルジオ・カト、ケリー・シームス、ジョバンニ・シルバ、ダイオ・オケニイ、ブランドン・ステイシー、ローリー・キャンプベル、グレゴリー・アラン・ウィリアムズ、グリフ・ファースト、ブライアント・プリンス、ジョン・エドワード・リー、ケリー・ケイヒル、カイル・ラッセル・クレメンツ、マット・スミス、ティナ・ギルトン、トーマス・マーフィ、ロス・P. クック、ステファン・ダイアモンド、ジャスティン・リバーン、マハル・モントーヤ、シンシア・ルブランク、ジョン・ガルシア、ジェイムズ・モーゼス・ブラック、トッド・T. テイラー、サンドリーヌ・ホルト、ベンジャミン・ウッド、カーター・バーチ、テリー・パークス、チャールズ・バーバー、マティ・フェッレーロ、エルトン・ルブランク、ルーク・セクストン、アンソニー・マイケル・フレデリック、マイケル・グラディス、ビル・レイニー、スティーブ・キッシュ、アーロン・V. ウィリアムソン、ノーラン・グロス、クリストファー・ハスキー


terminator_genisys_2015_02

terminator_genisys_2015_04terminator_genisys_2015_03terminator_genisys_2015
terminator_genisys_2015_01terminator_genisys_2015_05terminator_genisys_2015_06
terminator_genisys_2015_07terminator_genisys_2015_08terminator_genisys_2015_09
terminator_genisys_2015_10terminator_genisys_2015_11terminator_genisys_2015_12
terminator_genisys_2015_13terminator_genisys_2015_14terminator_genisys_2015_15
terminator_genisys_2015_16

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7507-e44ebd6f