くちびるに歌を 

ガッキーもいつの間にかこのような憂いのある役をこなすような年齢になったのかと思うと、自分の娘でもないのに感慨深い。いや、もし自分の娘であろうものなら、今ごろはこんなふうにちまちまとブログの更新などしている場合ではないだろう。といって、何をしていればいいのかといってもよくわからないのだが、少なくともガッキーの親としていつ何があってもいいように心構えだけはしておかなければならない。
さらにつけ加えれば、もしガッキーが自分の先生であったときの心の準備だ。すでに学校に行く年齢をとうに過ぎているが、それでも社会人のための音楽教室や英会話教室など、自分の先生に生る可能性は十分にあり得る。ましてやガッキーが先生であれば、たとえ興味のない不得手な教室であろうとも通うモチベーションは保てるし、またその不得手なことも克服することができるという根拠のない自信もあるのである。

■くちびるに歌を 2014年 日本映画
監督:三木孝浩
原作:中田永一『くちびるに歌を』(小学館)
脚本:持地佑季子、登米裕一
主題歌:アンジェラ・アキ『手紙~拝啓 十五の君へ~』
出演:新垣結衣、木村文乃、川守田政人、中野剛、星野朱璃、岡本啓、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響、渡辺大知、眞島秀和、石田ひかり、田村隆、橋田実玖、兵動哲明、麻奈、クラ、トコ、野間口徹、朝倉ふゆな、植田日向、高橋奈々、狩野見恭平、三浦翔哉、内里奈、浜浦彩乃、春乃きいな、木本武宏(TKO)、中村結香、阿部夏実、脇内萌、山崎可穏、木村多江、小木茂光、角替和枝、井川比佐志


KUCHIBIRU_NI_UTA_WO_2014

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こういうことかな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7483-e564c5fd