ドラフト・デイ 

「ドラフト」といえば日本ではプロ野球で行われるものを指すが、アメリカにおいてはアメフトであるのが当然らしい。その指名権争いと、それに付随してやりとりされる指名順やトレード。正直なところ、ここで展開される機微はさっぱりわからない。それでも、時間内でのやりとりに漂う緊張感は伝わってくる。
ドラフトはチームを経営する人たちの勝負であるが、そこでやりとりされ駒のように扱われる選手たちの焦燥感もあいまって、実際のゲームを見ているようでもある。彼ら選手のこれからの活躍を祈りたい。

■DRAFT DAY 2014年 アメリカ映画
監督:アイバン・ライトマン
脚本:ラジーブ・ジョセフ、スコット・ロスマン
出演:ケビン・コスナー、ジェニファー・ガーナー、デニス・リアリー、フランク・ランジェラ、サム・エリオット、エレン・バースティン、チャドウィック・ボーズマン、テリー・クルーズ、デビッド・ラムゼイ、トム・ウェリング、パット・ヒーリー


DRAFT_DAY_2014

DRAFT_DAY_2014_01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7401-d91747b0