人生、サイコー! 

考えてみても即座にはその気持ちは理解できない。ある日突然、533人の子どもができたら、はたしてどんな思いに陥るか。その想定範囲を超えた人数を現実のこととして把握することさえむずかしいだろう。だが、彼は立ち向かう。おのおのに向かって手を差しのべるのだ。それは勇気とは違うものだ。父性愛の一種であろう。
精子提供というわりと深刻な社会状況を背景にしていながら、お話がハートウォーミングなコメディーになっているところに特徴がある。それを良しとするか否とするかは各個人の判断だが、少なくとも、自分の子どもが現在数百人もいる状況ではなければ笑ってみられる。

■DELIVERY MAN 2013年 アメリカ映画
監督:ケン・スコット
脚本:ケン・スコット
オリジナル脚本:ケン・スコット、マルタン・プティ
出演:ビンス・ボーン、クリス・プラット、コビー・スマルダーズ、アンジェイ・ブルーメンフェルト、サイモン・デラニー、ボビー・モナハン、ブリット・ロバートソン


jinsei_saiko_2013

DELIVERY_MAN_2013DELIVERY_MAN_2013_01DELIVERY_MAN_2013_02
DELIVERY_MAN_2013_03

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7361-6839d03e