想いのこし 

死んでしまったのに成仏できないというシチュエーションは、古来、さまざまなジャンルでいろいろなかたちで創作されてきたので、当然ながら今さら感のある手垢のついた設定であることを感じてしまうのは否めない。だから、それぞれの想いのこしたことに霊媒的な存在の岡田将生とともに解決し成仏していく様は、そのどれもが何かの典型でしかなく、岡田に女装までさせて新味を出そうとしているのはわかるが、それでもなかなか乗っかっていくことができないのは残念だ。
ただひとつ、注目すべきは広末涼子のポールダンサーという設定である。当然、劇中でもそのポールダンスを披露する。その出来不出来はさておくとして、そこが唯一の見どころといえば見どころであろう。

■想いのこし 2014年 日本映画
監督:平川雄一朗
原作:岡本貴也『彼女との上手な別れ』(小学館)
脚本:岡本貴也、HARU
出演:岡田将生、渡部仁志、二田萌、広末涼子、若生美夢、木南晴夏、吉岡理沙、松井愛莉、吉野亮太、巨勢竜也、石井正則、原田みずほ、大石吾朗、増田美結、高橋努、川籠石駿平、佐藤二朗、村杉蝉之介、竹財輝之助、森田秀明、鹿賀丈史、モリタシン、音月桂、岩田丸、峯村リエ、野村真純、伊藤真実子、高橋努、川籠石駿平、横田美紀、杉ありさ、久遠さやか、箕輪圭太、辻元舞、松本さやか、坂井裕美、松嶋亮太、大西武志、谷口翔太、関健介、朝見心、柳町夏花、坂本一敏、吉田拓馬、片桐一也、岡本英子、高田斗夢、秋山良介、工藤トシキ、土屋恭平、戸塚正之、宮本龍、込山巧、茂木将、平野雄大、安瀬友紀、小林ひろみ、斉藤成美、石塚咲希、高島杏奈、白石佳子


omoinokoshi_2014

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7346-9e02cb3c