アリスのままで 

アリスがアリスのままでいられるのかどうか、それが最大のテーマである。たとえば、「不思議な国のアリス」は鏡の国を経巡りながら成長し、その後はおそらく数年で少女を脱し、そのときのアリスのままではなくなっていたことが予想される。たとえば、谷村新司、堀内孝雄、矢沢透の3人トリオのアリスも、解散したり再結成したりと、お決まりのくっついたり離れたりをくり返し、当然ながら昔のアリスのままではなくなっている。
こう考えると、大抵の場合は「そのまま」でいられることは稀有な例だといえるだろう。その難儀に挑むのが、いまやハリウッドの大御所女優となったジュリアン・ムーアである。彼女にしても『ゆりかごを揺らす手』や『ブギーナイツ』から考えれば、ジュリアン・ムーアのままでいたわけではない。しかし、ジュリアン・ムーアはどうなろうとジュリアン・ムーアである。アリスがアリスのままでいるのかどうかは、アリスの考え方次第なのであろう。

■STILL ALICE 2015年 アメリカ映画
監督・脚本:リチャード・グラツァー、ワッシュ・ウェストモアランド
原作:リサ・ジェノヴァ『アリスのままで』(キノブックス)/『静かなアリス』(講談社)
出演:ジュリアン・ムーア、アレック・ボールドウィン、クリステン・スチュワート、ケイト・ボスワース、ハンター・パリッシュ、シェーン・マクレー、セス・ギリアム、スティーブン・クンケン、ダニエル・ジェロル、ロサ・アレドンド


ALICE_NO_MAMADE_2014

Still_Alice_2014Still_Alice_2014_01Still_Alice_2014_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7337-ffafd23d