花宵道中 

主演の安達祐実の出演作は、これまでちゃんと見ていないが、イメージとしては、出世作のドラマ『家なき子』以来、幸薄い役を演じているような気がする。たまたま最近、ドラマ『マザー・ゲーム』を見ていることによるのかもしれないが。しかし、子役の時代からハンバーグ師匠との結婚と離婚を経て、まだ幼い表情の残り香もにおわせながら大人の女性となった姿を改めて見せられると、そこに生々しい彼女の歴史が透けて見えるから興味深い。
劇中の設定である、男に抱かれると身体に赤い花模様が浮かび上がる様は、実際にこういうことがあるのかは知らないが、どう見ても皮膚病の一種。それをいいとする心持ちはなかなか理解しがたい。
なお、女将役の友近は、ふだんのネタを見ていることで、どうやってもコントの粋を出ない。小器用なところが逆に作用してしまっている不幸な例といえよう。

■花宵道中 2014年 日本映画
監督:豊島圭介
原作:宮木あや子『花宵道中』(新潮文庫『花宵道中』所収)
脚本:鴨義信
出演:安達祐実、安田茜、佐藤都輝子、淵上泰史、廣木里保、小林茉利江、小篠恵奈、三津谷葉子、吉田葵依、多岐川華子、川口調、立花彩野、友近、高岡早紀、渋谷めぐみ、津田寛治、松田賢二、中村映里子、不破万作、舞優、伊庭剛、田井克幸、いわすとおる、浅田祐二、杉山幸晴


hanayoi_dochu_2014

hanayoidochu_2014hanayoi_dohchu_2014

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7329-8dc98487