プリデスティネーション 

ガタカ』をはじめ出演作での演技力には定評がありながら、その作品にはいま一歩恵まれていない感のあるイーサン・ホーク。本作も公開時の話題性には欠けるものの、内容は一見に値するSFサスペンスになっている。前半はほとんどバーテンに対するひとりの客のひとり語りと回想場面だが、その淡々とした物語の進行が、すべて後半への伏線となる構成は見事である。原作は読んでいないが、「さすがハインライン!」と無責任に言っておく。
キーパーソンとなるイーサン・ホークの相手役であるジョディ・フォスター似の役者は、実際は男性なのか、女性なのかがわからなかったが、調べてみるとセーラ・スヌークという名前で、日本でいえば田畑智子のような雰囲気の女優さんであった。

■PREDESTINATION 2014年 オーストラリア映画
監督・脚本:ザ・スピエリッグ・ブラザーズ(マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ)
製作:パディ・マクドナルド、ティム・マクガハン、ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ
原作:ロバート・A. ハインライン『輪廻の蛇』(早川書房)
音楽:ピーター・スピエリッグ
出演:イーサン・ホーク、セーラ・スヌーク、ノア・テイラー、クリストファー・カービイ、クリス・ソマーズ、マデリーン・ウエスト、フレイヤ・スタッフォード、ジム・ノベロック、クリストファー・ストーレリー、タイラー・コッピン、ロブ・ジェンキンス


PREDESTINATION_2014

Predestination_2014_01Predestination_2014_02Predestination_2014_03
Predestination_2014_04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7317-cef7e254