ハングオーバーゲーム 

ヒットコメディ『ハングオーバー』シリーズとアクション映画『ハンガー・ゲーム』をまぜこぜにして換骨奪胎することにより、両作のいいところをすべて取り去って駄作にまで貶めた奇跡の一作である。だからといって、おねえさんのボイン(古い表現ですな)とか、パロディ化されている部分の元を想像する遊びなどを駆使すれば、見るべきところはふんだんに見つかるだろう。
しかし、元来パロディが持つ宿命からは、本作も逃れることはできない。パロディという性格から必然的にそうしても前作の後追いとなることによって、新味がなくなってしまうという呪縛から解かれることは、この先あるのだろうか。

■THE HUNGOVER GAMES 2014年 アメリカ映画
監督:ジョシュ・ストールバーグ
脚本:デビッド・バーンスタイン、カイル・バーネット・アンダーソン、ジェイミー・ケネディ
出演:ロス・ネイサン、ベン・ベグリー、ハーバート・ラッセル、リタ・ボルク、ジョン・リビングストン、ロバート・ワグナー、ブルース・ジェンナー、カイル・リチャーズ、タラ・リード、ジョナサン・シルバーマン、ジェイミー・ケネディ


THE_HUNGOVER_GAMES_2014

THE_HUNGOVER_GAMES_2014_01THE_HUNGOVER_GAMES_2014_02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7291-afe6d14c