トワイライト ささらさや 

鑑賞前に大泉洋が落語家役だと知ったときは、あのうざいしゃべりが上手に生かされるのだろうと思いつつ、いつも以上にしゃべるのだろうなとうんざりしたのも事実。しかしその後、その落語家は開始早々に命を落とすと聞いて、それであればそんなにしゃべりはしないだろうと推測して、ガッキー目的で見ることに。
だが、そうはいっても、やはり大泉はしゃべる。死んでもしゃべるのである。乗り移った相手のしゃべりになるときは、その人の声になるからまだうざさは緩和されるが、モノローグでは確実に大泉の声を聞かされることになる。思い切って大泉の役をこの作品からなくせば、ストーリーはまったく違うものになったであろうけれども、ガッキーの成長譚として、ほのぼのとしたいい映画になったのではないだろうか。

■トワイライト ささらさや 2014年 日本映画
監督:深川栄洋
原作:加納朋子『ささら さや』(幻冬舎文庫)
脚本:山室有紀子、深川栄洋
主題歌:コブクロ『Twilight』
出演:新垣結衣、大泉洋、太田美恵、内田量子、狩野裕香、中村蒼、福島リラ、青空うれし、結崎あゆ花、寺田心、つるの剛士、波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、石橋凌、富司純子、寺田心、武田幸三、鈴木アキノブ、こしげなみへい、矢本悠馬、井上肇、水澤紳吾、古今亭菊志ん


twilight_SASARASAYA_2014

twilight_SASARASAYA_2014_01sasarasaya

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://slapdash55.blog43.fc2.com/tb.php/7259-f6027ec6